デジタル簡易無線アンテナ

デジタル簡易無線運用に最適な各種アンテナ

NATEC直販サイトASMON_s NATECアンテナ等検索_s NATECアンテナ等問合せs

351MHzデジタル簡易無線&デジタル小電力コミュニティ無線用
デュアルモービルアンテナ

MS3000E

351MHzデジタル簡易無線モービルアンテナMS3000Emain

  • 351MHzデジタル簡易無線モービルアンテナMS3000Eimg
  • 351MHzデジタル簡易無線モービルアンテナMS3000Ebottomimg
  • 351MHzデジタル簡易無線モービルアンテナMS3000Eg1000sh1img
  • 351MHzデジタル簡易無線モービルアンテナMS3000Eg1000sh2img
  • 351MHzデジタル簡易無線モービルアンテナMS3000Ecarimg
  • 351MHzデジタル簡易無線モービルアンテナMS3000Esetimg1
  • 351MHzデジタル簡易無線モービルアンテナMS3000Esetimg2

351MHzデジタル簡易無線&デジタル小電力コミュニティ無線用
デュアルモービルアンテナ

MS3000E ¥オープン

  • デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000E直販
  • デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000E取説
  • デジタル簡易無線アンテナHS3000ELcat
  • デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000EFAQ
  • デジタル簡易無線アンテナHS3000EL指向性
  • デジタル簡易無線アンテナHS3000EL環境
  • デジタル簡易無線アンテナHS3000EL周波数1
  • デジタル簡易無線アンテナHS3000EL周波数2
  • デジタル簡易無線アンテナHS3000ELコネクタ
マグネット基台等は付属しておりません。
マグネット基台G1000SH又は、SMAアンテナ接栓付ケーブルTHLC50Sとの併用を推奨致します。
デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000Etop
デュプレクサNDX-LD1接続例illust

デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000E詳細

デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000Eline

デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000Ede1 351MHzデジタル簡易無線対応

351MHz(デジタル簡易無線)帯対応モービルアンテナです。

デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000Ede2 デジタル小電力コミュニティ無線対応

142.93MHz~146.99MHzデジタル小電力コミュニティ無線(デジコミ)対応モービルアンテナです。

デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000Ede3 コンパクト設計

全長:約428mm/重量:約50gの軽量コンパクト設計です。 142.93MHz~146.99MHz:1/4λ
351MHz:1/2λ

デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000E仕様tag仕様

形式 142.93MHz~146.99MHz:1/4λ
351MHz:1/2λ
周波数 142.93MHz~146.99MHz
351MHz帯
利得 ※1 2.14dBi
用途 ※2 モービル用
入力インピーダンス 50Ω
耐入力 142.93MHz~146.99MHz:25W
351MHz:10W
電圧定在波比 ※3 1.5以下
接栓 SMAP
全長 約428mm
重量 約50g
※1 公称
※2 マグネット基台G1000SH又は、SMAアンテナ接栓付ケーブルTHLC50Sとの併用を推奨致します。
※3 下記測定条件
デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000E測定条件tag測定条件
デジタル簡易無線アンテナHS3000E測定条件図
  • 142.93~146.99MHzが空中線形式:1/4λとなり、設置環境により影響を大きく受けるので一定の条件にて測定をする(電圧定在波比:1.5以下)
  • 疑似筐体(1m角の金属板)中心に設置したマグネット基台G1000SHにMS3000Eを接続した状態で測定
    ※ 疑似筐体周辺には障害物が無い状態
    ※ 同軸ケーブルは可能な限り直線にする
デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000E設置環境測定結果tag145MHz設置環境測定結果
MS3000EとG1000SHを接続した状態で測定
車種 場所 電圧定在波比
フォレスター 屋根中部センター 約1.6
フォレスター 屋根中部ドア側 約1.2
フォレスター 屋根後部センター 約1.5
CX-3 屋根中部センター 約1.05
CX-3 屋根中部ドア側 約1.2
CX-3 屋根後部センター 約1.4
CX-3 屋根後部ドア側 約1.7
ヤリスクロス 屋根後部ドア側(ルーフボックス有) 約1.4
MS3000Eを小型ハッチバック基台で固定した状態で測定
フォレスター リア上部(GNDをとっている) 約1.7
MS3000Eをガラス貼付小型ハッチバック基台で固定した状態で測定
フィット リア上部(GNDをとっていない) 測定不能
デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000E外観tag外観図
デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000E外観図
デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000E_shelltag[G1000SH]ステンレス製シェル採用SMAJ
デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000E_shell図
  • 併用を推奨しているマグネット基台G1000SH並びに、SMAアンテナ接栓付ケーブルTHLC50SはSMAJ(アンテナ取付側)はステンレス製シェルを採用しております。
  • 万一、高負荷(アンテナを取り付けた状態で壁に引っ掛かる等)がコネクタ部に掛かった際も真鍮製よりも割れにくく、曲がることでアンテナの落下を防ぎます。
  • 上画像は同負荷を真鍮製とステンレス製のシェルに掛けた際の結果です。
デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000E設計tag電流給電型(1/4λ等)アンテナ設計思想[モービル用(MS3000E) / ハンディ用(HS3000EL)]違い
  • 電流給電型(1/4λ等)のアンテナは取り付け場所の影響が大きく、取り付け場所に合わせた設計をしています。
  • モービル用(電圧給電型を除く)  MS3000E
  • 車のボディに付けて走行する事を前提に設計されたアンテナです。車のボディもアンテナの一部とみなしますので、アースは取れている事が前提となります。
    MS3000Eは弊社マグネット基台G1000SHに接続し、車の屋根に取り付けて運用する事を想定して設計されています。
    但し、取り付け場所によりアンテナから見たボディの状況が変わる為、若干インピーダンスは変化します。
  • リード線で車体までアースしている事例も見かけますが、HF帯では波長が長いため動作には問題ないかもしれませんが、VHF帯以上ではリード線がコイルとして働く可能性があり、想定外の動きが起きる可能性がございますので注意が必要です。
  • ハンディ用(電圧給電型を除く)  HS3000EL
  • ハンディトランシーバに直接アンテナを接続して使う事を前提に設計されたアンテナです。
    手に持った状態/腰に付けた状態/机に置いた状態ではアンテナインピーダンスは大きく変化します。手に持ったあらゆる状態で平均的に使えるような設計がしております。
    HS3000ELは運用時にトランシーバ接栓部に負荷がかからないよう、ソフトエレメントを採用しています。
デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000E注意tag注意
  • デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000E注意1142.93~146.99MHzはマグネット基台G1000SHに接続し、車のボディをGND(アース)として使うことを前提として設計されています。
  • デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000E注意2142.93~146.99MHzは1/4λ形式となりますので、設置環境により電圧定在波比(VSWR)が下がらない場合があります。
    ※ 351MHzは1/2λとなります。
    ※ 同軸ケーブルの引き回し等でも影響があります。
  • デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000E注意3マグネット基台G1000SH又は、SMAアンテナ接栓付ケーブルTHLC50Sとの併用を推奨致します。
デジタル簡易無線モービルアンテナMS3000E関連tag関連製品
ハンディダイポールアンテナ解説

ハンディダイポールアンテナbn

デジタル簡易無線アンテナの事ならNATEC pagetop