サージプロテクタ(同軸避雷器)

誘導雷から機器を保護するサージプロテクタ(同軸避雷器)

サージプロテクタ(同軸避雷器)設置例

必ずサージプロテクタ(同軸避雷器)を、地中にアースされた接地棒と接続してお使い下さい

サージプロテクタ(同軸避雷器)設置例topimg

サージプロテクタ(同軸避雷器)設置例tagサージプロテクタ(同軸避雷器)

サージプロテクタ(同軸避雷器)は、アンテナの給電線に挿入し、誘導雷から通信機器を保護する目的の商品です。必ず避雷器を、地中にアースされた接地棒と接続してお使い下さい。

サージプロテクタ(同軸避雷器)設置についてtagサージプロテクタ(同軸避雷器)設置について

  • 中心導体と、外部導体がアレスターで接続された構造になっており、通常使用する低電圧では通過ロスはほとんどありません。誘導雷等の高電圧が加わると、中心導体と、外部導体は短絡状態となります。 外部導体側を、接地しておけば、高電圧が通信機器に加わるのを防ぎます。
  • 直撃雷のような極端な高電圧から機器を守る事はできません。アンテナには直撃雷を受けないように避雷針などを設置して運用してください。
  • 誘導雷は、アンテナ側からのみ受けるとは限りません。電灯線(AC100V)、電話回線が接続されている場合は、それぞれ専用の避雷器をあわせてお使いください。

サージプロテクタ(同軸避雷器)の事ならNATEC footer
Copyright copy 2007-2016 NATEC Inc All rights reserved.